☆1月30日☆自然派医師・本間真二郎先生にきく「新型コロナとワクチンのこと」~ウィルスと共存する知恵を身につけよう~

2021年12月28日

12月28日 16時10分までのお申し込みをもちまして、定員となりました。
以降のお申し込みは、キャンセル待ちとさせていただきます。ご了承ください。

まずは知って、的確な対策・生活様式を選択しませんか?

新型コロナウイルス感染拡大防止として対策がはじまり、2年近くが経ちました。

現在は、ほとんどの場所でマスクの着用が求められ、

あらゆる場所で手指の消毒を求められ、

人が集まることが制限され、

さまざまな学校行事やイベントに制限がかかっています。

 

そして、今までのインフルエンザウィルスなどの流行時とは異なり、

感染者といわれる人たちの数や、ワクチンの接種率が頻繁に報道されています。

 

ウィルスの流行や脅威は人類の歴史の中で、初めてのことではありません。

 

いま、一体何が起きているのでしょうか?

 

この先、わたしたちの生活はどうなっていくのでしょうか。

そして、何が、わたしたちにとって脅威なのでしょうか。

 

わからないことが多い中でこそ、選択をしていくために、

客観的なデータや医学的な見識に基づいた知識を身につけることがとても大切です。

 

今回は、以前から自然との共生をテーマに活動を続けている本間真二郎医師を講師にお招きしました。

 

日々、選択していく中で迷ったときに立ち戻る基礎を固めることができる時間になると思います。

本間先生から直接お話を聞くことができる貴重な機会ですので、

ぜひ一緒に学んでいきましょう。

 

2021.12 種まきする八ヶ岳ママの会 企画スタッフ一同

 

■開催概要
イベント名:自然派医師・本間真二郎先生にきく「新型コロナとワクチンのこと」~ウィルスと共存する知恵を身につけよう~
日程:2022年1月30日(日)
主催:種まきする八ヶ岳ママの会(https://yatsugatake.work/)
時間:10時00分~12時00分(9時30分開場)
場所:ゆいわーく茅野 3階 集会室
長野県茅野市塚原2丁目5−45

https://www.chinoshi.net/yuiwork/index.php/access/

参加費:2,000円 定員50名
※未成年・障害者の方は無料(お申込み時にお伝えください)

☆会場内にキッズスペースをご用意しております。会場内での飲食も自由です。お子様連れ歓迎です

<注意事項>
・座席の指定はありません
・お席のご用意のため、必ずお申込みをお願いいたします
当日申込みなしでお越しいただいてもご入場できない場合があります
・定員に達した時点で、申込みを終了させていただきますのでご了承ください

■イベントへのお申込み

12月28日 16時10分までのお申し込みをもちまして、定員となりました。
以降のお申し込みは、キャンセル待ちとさせていただきます。ご了承ください。

フォームがうまく見られない方はこちらのリンクから

https://forms.gle/RxhZMViocjnXS1jm6

☆本間真二郎医師プロフィール☆

1993年札幌医科大学医学部を卒業し札幌医科大学付属病院、道立小児センター(現コドモックル)、旭川赤十字病院、札幌社会保険総合病院など全道の中核病院、地方病院に勤務し主に小児科の診療を行っていた。

 

2001年アメリカ国立衛生研究所(NIH)に留学。専門はウイルス学・ワクチン学で主にノロウイルス、ロタウイルスの研究に携わりました。

帰国後、札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長を経て、2009年に退職。自然派の医療を実践するために、同年、栃木県那須烏山市に移住しています。

現在は地域に密着した医療に携わりながら、プライベートでは農的生活を送っています。皆で米作りを、個人的に自然栽培で季節の野菜と穀物を育てたり、調味料(みそ、醤油、みりん、酢など)の自給自足を行っています。

農的生活を通じて新たに細菌やウイルスなどの微生物の存在意義を再認識し、日々の生活や診療に取り入れています。地域を中心に健康に関するセミナーなどでもお話しさせてもらっています。

著書:『新型コロナ ワクチンよりも大切なこと』 講談社ビーシー (2021/10/8) など